Risk

心の日記

夜の空ってなんか好き

今日は綺麗な月が見えるから、なおさらよき

この1ヶ月はいろんなことがあった

嬉しいことも悲しいことも

 

彼女と別れて1ヶ月がたった

でも、いろんな人のおかげで、だんだん落ち着いてきた、本当に感謝

昨日はそんな元カノとタバコを吸いながら少し話した

全然変わってなかったし、この人を好きになった理由がなんとなくふと蘇った

今でもなんだかんだ元カノの存在が気になる

付き合ってる当初はTwitterもフォローしてなかったから、見えてこないものも多かったけど、別れてTwitterフォローして、泣いてるとかつらいとか文字で見ると、やっぱり気になる

話聞いてあげたいな、そばにいたいなって

別れたっていう事実を受け止めて前に進もうっていう自分もいるけど、まだ好きなんだなって思ってる自分もいる

別れてから周りからよく聞かれる

復縁したい?とか、より戻したいですか?みたいな

そんな時うまく答えられない

実際苦しめてたのも自分だし、あっちにもう恋愛感情がないのも事実

相手のこと考えると素直に復縁したいとは言えないけど、そばにいたいなって思う

友としてなのか、彼女としてなのかは分からない

むこうが別れてから、幸せそうにしてるほうが、ひきづらなくてすみそう

今は元カノが何で苦しんでるのかなんて分からないけど、知りたい自分がいる

そういうこと聞くのも、恋愛するのも、一歩引いてしまう自分がいる

そんな資格あるのかなって

みんなは言う、好きなら資格とか気にしなくていいじゃんって

でも違う、好きだからこそ気にする

自分が相手に関わることでプラスになるってわかってたら、踏み込めるけど、そうじゃなかったり、わからなかったりすると、やっぱり苦しめたり、傷つけてしまうとか考えて、安易に踏み込めない

まぁとにもかくにも、なんかこんな風に付き合う前と同じことを考えてる自分がいると思うと、やばって思う。

2年くらい付き合って、お互い分かったことがあって、ゆずれないものがあって、考えに考えて出した結論なのに、また付き合う前の感情に戻っててこわい、別れようって言ってたころの自分を思い出したい

結局、仮に復縁したとしてもいずれまた同じことの繰り返しになって、また付き合う前は辛かったころの気持ち忘れて、楽しいことばかり思い出すのはどーなんかね

別に無理して付き合わないようにしてる訳ではないけど、付き合ってた当初の辛かったころとか、苦しかったとことか、マイナスな面を忘れてきてる自分がいるのが恐ろしい

これが整理するってことなの?

だからさ、何が言いたいかって、一番はあいつが楽しかったらそれでいい

あいつが、自分自身を苦しい状態から抜け出すために出した、別れるっていう結論を信じて、別れたのに、結局今苦しんでるのとか見ると全然すっきりしない

これはあいつのTwitterのフォローをやめて、そういう苦しいところ見ないようにするとか以前に、俺と別れて正解だったみたいな感じになってほしい、でなきゃ、なんかこっちも腑に落ちない

だから、多分復縁に期待しちゃうのかな

このままだといつまでたっても、心の整理ができないので、はやく幸せになれよバカ

 

ま、それはそうと、嬉しいことは昨日後輩と同期が誕生日サプライズやってくれた

なんか自分でいうのもなんだけど、結構そういうサプライズ系は敏感だから、自分がされたら気づくと思ってたけど、全然気づかなかった

こんな大人数で祝われたことは初めてだし、自分は相手を喜ばせようとするほうが好きだからどちらかというとサプライズする側になることが多いけど、まさかね

あんま表にはでてなかったかもしれないけど、すごい嬉しかった、寄せ書きという最高のプレゼントももらったし

本当に今のつながりがあってよかったなって思えた、最高だよ、きみたち

 

こういうのとかも含めて、卒業したくないって思うね

もう残り少なくなってきてるのは、今目の前にあるタバコの火だけじゃないんだよな

始まりと終わり

 

久しぶりの投稿

最近は雨が多くて、寒い日が続いてる

まるで心の中を写し出すかのように

 

昨日、告白した場所と同じ場所で彼女に別れを告げられた

原因は一言では言い切れないけど、俺があいつを幸せにしてやれなかったってことだけは言える

あいつなりに出した決断

言葉以上に真剣な想いが伝わってきた

決して長いこと付き合ってたわけでもないけど、俺の大学生活の多くをあいつが占めていた

本当に心の底から好きだった、愛してた

もう後悔しても遅いけど、あいつにしてあげられなかったこと沢山ある

それ以上に苦しめてたことも沢山ある

あいつにもっともっと寄り添うことができてたとおもう

俺は何回もあいつの喜怒哀楽をたくさんみてきたし、共有もしてきた

俺にとって、あいつは俺の全てだった

あいつの笑顔が俺の生きがいだった

なのになんで俺はあいつを苦しませたんだろう

わかってる、今さら後悔しても遅いって

だけど沢山謝りたいし、沢山感謝を伝えたい

だけどそんなことしたら、またあいつがきっと悩んで、せっかく出した決断を揺らがせてしまう

おれはあいつを愛してたし、あいつもこんな俺のことを愛してくれた

好きが続いたから今まで続けてこれた

だけど、きっと好きだけでは幸せにはできない

それをあいつが分からせてくれた

相手を思いやる大切さ、辛い時に側にいてあげる優しさ、まだまだ沢山あるんだろうけど、それらが、好きと合わさって初めて付き合えるんだなって

別れ際、あいつの前では言いたいこと言えて、あいつの言いたいことも聞けた

だけど、俺はあいつに一つだけ嘘をついた

俺も別れた方がいいと思うって

本当は別れたくない

だけど、あいつを苦しませてきたおれに、そんなこと言う資格なんてない

そして、これからもあいつを傷つけるであろうおれに別れたくないなんて言えない

きっと、これから俺以上にあいつを幸せにしてくれる人が現れる

好きだからこそ、愛してるからこそ、あいつには幸せになってほしい

 

きっと時間が経てば、あいつに対しての恋愛感情は薄れていくと思う

ただ、俺にとってあいつが大切な人であるってことは変わらない

だからこそ笑顔であいつを送ろうって

 

 

もうこれ以上は辛い

 

本当にありがとう

 

そしてさよなら

デッドライン

 

久々の更新

今ベッドの上にいる

というより今日一日中ずっとベッドの上

忘れた頃にやってくる風邪

でも風邪の症状ではない気がする

息がしづらく意外とつらい

熱は38度あり、空咳のようなものが続き、すっきりしない痛みとだるさだけが残る一日

 

急な気温の変化なのか、いろいろはっちゃけすぎたのか、だれかに移されたか分からない

そういう時考えるのは未来は必然なのかなーってこと

未来は変えられるってよく言うけど、案外結末は変わらないのかなーって

何が違うのかは結論に至る過程だけ

それをよく人生にたとえる

生から死へ向かうという結論に変わりはない

しかし、その過程でどう死に向かうか、どう生きるのか、それだけは変えられるってこと

それを遠回しに後悔のないように生きろって言うけど、その時に判断する自分の行為はきっと最善だと思うから、もし、その後に後悔が残るとするなら、きっとその後悔は必然なもの

 

だからきっと、風邪が治るっていう結論に変わりはないから後はどーやって治すかを考える

早く治したいから、きっと明日もベッドの上にいる

未来は変えられるという理想だけじゃなく、現実とか結論の名の下に理想が存在するんじゃないかな

 

決められた未来に進むと考えるのは案外辛いものだろうね

だからみんな人間の1つ1つの行為に可能性を秘めてると信じて疑わない

嫌なことを直視できないのは、きっと現実を知るのが怖いから

 

 

死ぬことを前提に生きること

 

それが人の性

 

タバコを吸いたいという想いが戻ってくるまで、僕はここにいる

 

 

 

終わりと始まり

 

長かった実習がおわった

でも終わってみると短いかったような気がする

ただひたすら課題という壁に向かう日々

課題がなんなのかさえ分からない日もあった

いろいろあった、ありすぎた

 

またいつもの日常が戻ってくる

だけど、前感じていた日常とはきっと違う

プラスに変わるかマイナスに変わるかはまだ分からないけど、変わることだけは分かる

なんでだろうね

 

実習の期間は、寝れない日々

そして苦しみながらも楽しめた日々

教員や生徒にも恵まれた

自分の在るべき場所が確認できた気がする

まだまだ伝えたいこと沢山ある

伝えるためには今を必死で生きるしかない

 

俺の中の当たり前の日々が変化してゆく

辛い経験が続くと、辛いことが当たり前に

楽な経験が続くと、楽なことが当たり前に

人の価値観や考え方はその人の生きてきた道を表すんだろうな

今自分が生きてきた道に新たな何かが生まれた

それは障害物かもしれないし、道を切り替える分岐器かもしれない

だけどそれも含めて自分の人生

 

綺麗事かもしれないけど、どんな経験にも無駄なことはないし、何が良いとかもないとおもう

1つ言えるとするなら、沢山の経験は必要だと思う、今後の選択肢って意味で

自分が最悪と思ってる嫌なことが起きたとしても、そこから学ぶこととか、出会う人とかを考えたらきっとプラスになる

 

人が思いつくそういったデメリットは時間とか労力なのかなって思う

こんなことに時間を取られたくないとか、時間がもったいないとか

その人からしてみれば、それはマイナスかもしれないけど、どーせマイナスかプラスなんかわかんないんだから、今を全力で生きたほうが良いと思うな

それこそ中途半端に時間使うほうがもったいないと思うし

いやそれも分からないね、中途半端に時間を使うほうが今後プラスかもしれないし

 

この世の中わかんないことだらけ

それを少しでも分かるためにはいろんな経験したほうがいいとおもう

まぁそもそも自分がそもそも自らいろんな経験をするというタイプではないからなんともいえないけど

 

終わりがあるから始まりがある

始まりがあるから終わりがある

 

悪いことにも良いことにも、始まりと終わりがあって、その感覚は本人次第

良いことは終わらないように、悪いことは終わらせたいように、みんな思うだろうけど

良いこと悪いことなんて判断できない

 

まだまだ人生始まったばかり

経験の積み立てはじめました

 

 

別れを告げる手紙を書くつもりが

 

 

 

すぐおわることなのに

 

 

 

すぐかけることなのに

 

 

 

めくれないページに

 

 

 

こうかいの繰り返し

 

 

 

こんなに悲しく感じたのは久しぶり

 

 

 

もうすぐ

 

 

 

涙がとまってもいいのに

怒り

 

最近は雨が多く、気持ちも憂鬱

そのせいもあって、最近は度重なる嫌なことに苛立ちを覚える

結局苛立ちをつくるのも失くすのも人

最近は人に会えない時間が多い分、負の感情が芽生えやすいし、成長しやすい

 

多分、心に余裕がない

人に会うと疲れると思う時がある

だから周りをシャットアウトしたくなる

実習終わるまでは一人になりたい

だけど、人に会えないと結局マイナスな感情になる

どちらかのいいとこだけなんてとれない

混沌とした日常にただただ沈んでいく

 

今は何も気にしないで会える相手が欲しい

でも、人間だれしも、知ってる人に対しては結局気を遣うと思う

今は全く知らない人と会って、何も考えずに相手のこと気にせずにセックスしたい

相手のことをメチャクチャにするまで、そして自分がメチャクチャになるまで性に溺れたい

快楽で嫌なことを全て忘れたい

その言葉が今の自分に一番あてはまる

 

ビッチとかヤリチンって、プラスの感情を多く備えている人をイメージするけど実際は違うんだろうな

マイナスの感情に溢れる人ほど性に貪欲になると思う

 

今は無言で抱きしめても何も言わずに、じっと待っててくれるあなたに会いたい

 

当事者

 

バイト終わりの夜は月が綺麗にみえる

でも今日のバイト終わりの夜はいつもの景色とは違った

まるで自分の心を映し出すかのように

 

今日は店長に大事な用があり、代わりに出勤した、きっと夜も忙しいんだと思ってた

店長の上にはオーナーがいる

うちの店の早朝シフトに入れる人がいないから、オーナーが、ほぼほぼ毎日朝6時から出勤する

そのせいもあってオーナーの寝る時間は早い、7時には寝ている

今日の20時少し前、自分では対応できない問題が発生した、もちろん一緒に組んでいる子も一年もいないから対応できない

普通だったら、オーナーや店長に連絡するけど、今日はできなかった、いやできたけど、いろいろ考えた結果しなかった、もっというなら深夜の人ならもしかしたら分かると思ったし

そして、深夜の人に電話をかけて聞いてみた

すると、その人は眠そうな声で対応してくれた

安堵と同時に申し訳なさがこみ上げてきた

 

なんでもっと考えなかったのか、深夜のシフトを担当している人は自分たちの時間感覚とは違う、ゆえに深夜の人からしてみれば、真夜中に電話が来たような感覚だと思った

22時になって、その人がきた

とても疲れた顔をしていた、自分が起こしたせいで、きっと眠れなかったんだろう

謝ったけど、謝るくらいなら電話しないで欲しいってのが本心だろう

今の自分はただただ後悔にのまれてる

 

今日のことに限ったことではないけど、こういうことって沢山あると思う

当事者にならないと気づけないことっていうのかな〜

自分の何気ない言動や行動が、相手にとったらとても大きなことかもしれない

そして、その後の相手の言動や行動で、初めて気づくことがある

 

人が人を理解するっていうことは、すごく難しい、でも理解できないことはないと思っている、理解しようとすることを諦めた時、理解されなくなったと錯覚する、理解しようとすること、自分の気持ちを相手に伝えること、言動にしろ行動にしろ、それが一番大事、そして失敗していろいろ気づくことがあると思う

でも、相手が求めてないことを押し付けるのもダメなんじゃないかな自分が理解したいと思っても、相手が理解されたくないっておもうことすごくあると思う

 

まぁ結局言いたいことは、当事者にしかわからないことって沢山あるってこと

 

まだまだ道のりは遠いな〜