Risk

心の日記

始まりと終わり

 

久しぶりの投稿

最近は雨が多くて、寒い日が続いてる

まるで心の中を写し出すかのように

 

昨日、告白した場所と同じ場所で彼女に別れを告げられた

原因は一言では言い切れないけど、俺があいつを幸せにしてやれなかったってことだけは言える

あいつなりに出した決断

言葉以上に真剣な想いが伝わってきた

決して長いこと付き合ってたわけでもないけど、俺の大学生活の多くをあいつが占めていた

本当に心の底から好きだった、愛してた

もう後悔しても遅いけど、あいつにしてあげられなかったこと沢山ある

それ以上に苦しめてたことも沢山ある

あいつにもっともっと寄り添うことができてたとおもう

俺は何回もあいつの喜怒哀楽をたくさんみてきたし、共有もしてきた

俺にとって、あいつは俺の全てだった

あいつの笑顔が俺の生きがいだった

なのになんで俺はあいつを苦しませたんだろう

わかってる、今さら後悔しても遅いって

だけど沢山謝りたいし、沢山感謝を伝えたい

だけどそんなことしたら、またあいつがきっと悩んで、せっかく出した決断を揺らがせてしまう

おれはあいつを愛してたし、あいつもこんな俺のことを愛してくれた

好きが続いたから今まで続けてこれた

だけど、きっと好きだけでは幸せにはできない

それをあいつが分からせてくれた

相手を思いやる大切さ、辛い時に側にいてあげる優しさ、まだまだ沢山あるんだろうけど、それらが、好きと合わさって初めて付き合えるんだなって

別れ際、あいつの前では言いたいこと言えて、あいつの言いたいことも聞けた

だけど、俺はあいつに一つだけ嘘をついた

俺も別れた方がいいと思うって

本当は別れたくない

だけど、あいつを苦しませてきたおれに、そんなこと言う資格なんてない

そして、これからもあいつを傷つけるであろうおれに別れたくないなんて言えない

きっと、これから俺以上にあいつを幸せにしてくれる人が現れる

好きだからこそ、愛してるからこそ、あいつには幸せになってほしい

 

きっと時間が経てば、あいつに対しての恋愛感情は薄れていくと思う

ただ、俺にとってあいつが大切な人であるってことは変わらない

だからこそ笑顔であいつを送ろうって

 

 

もうこれ以上は辛い

 

本当にありがとう

 

そしてさよなら

デッドライン

 

久々の更新

今ベッドの上にいる

というより今日一日中ずっとベッドの上

忘れた頃にやってくる風邪

でも風邪の症状ではない気がする

息がしづらく意外とつらい

熱は38度あり、空咳のようなものが続き、すっきりしない痛みとだるさだけが残る一日

 

急な気温の変化なのか、いろいろはっちゃけすぎたのか、だれかに移されたか分からない

そういう時考えるのは未来は必然なのかなーってこと

未来は変えられるってよく言うけど、案外結末は変わらないのかなーって

何が違うのかは結論に至る過程だけ

それをよく人生にたとえる

生から死へ向かうという結論に変わりはない

しかし、その過程でどう死に向かうか、どう生きるのか、それだけは変えられるってこと

それを遠回しに後悔のないように生きろって言うけど、その時に判断する自分の行為はきっと最善だと思うから、もし、その後に後悔が残るとするなら、きっとその後悔は必然なもの

 

だからきっと、風邪が治るっていう結論に変わりはないから後はどーやって治すかを考える

早く治したいから、きっと明日もベッドの上にいる

未来は変えられるという理想だけじゃなく、現実とか結論の名の下に理想が存在するんじゃないかな

 

決められた未来に進むと考えるのは案外辛いものだろうね

だからみんな人間の1つ1つの行為に可能性を秘めてると信じて疑わない

嫌なことを直視できないのは、きっと現実を知るのが怖いから

 

 

死ぬことを前提に生きること

 

それが人の性

 

タバコを吸いたいという想いが戻ってくるまで、僕はここにいる

 

 

 

終わりと始まり

 

長かった実習がおわった

でも終わってみると短いかったような気がする

ただひたすら課題という壁に向かう日々

課題がなんなのかさえ分からない日もあった

いろいろあった、ありすぎた

 

またいつもの日常が戻ってくる

だけど、前感じていた日常とはきっと違う

プラスに変わるかマイナスに変わるかはまだ分からないけど、変わることだけは分かる

なんでだろうね

 

実習の期間は、寝れない日々

そして苦しみながらも楽しめた日々

教員や生徒にも恵まれた

自分の在るべき場所が確認できた気がする

まだまだ伝えたいこと沢山ある

伝えるためには今を必死で生きるしかない

 

俺の中の当たり前の日々が変化してゆく

辛い経験が続くと、辛いことが当たり前に

楽な経験が続くと、楽なことが当たり前に

人の価値観や考え方はその人の生きてきた道を表すんだろうな

今自分が生きてきた道に新たな何かが生まれた

それは障害物かもしれないし、道を切り替える分岐器かもしれない

だけどそれも含めて自分の人生

 

綺麗事かもしれないけど、どんな経験にも無駄なことはないし、何が良いとかもないとおもう

1つ言えるとするなら、沢山の経験は必要だと思う、今後の選択肢って意味で

自分が最悪と思ってる嫌なことが起きたとしても、そこから学ぶこととか、出会う人とかを考えたらきっとプラスになる

 

人が思いつくそういったデメリットは時間とか労力なのかなって思う

こんなことに時間を取られたくないとか、時間がもったいないとか

その人からしてみれば、それはマイナスかもしれないけど、どーせマイナスかプラスなんかわかんないんだから、今を全力で生きたほうが良いと思うな

それこそ中途半端に時間使うほうがもったいないと思うし

いやそれも分からないね、中途半端に時間を使うほうが今後プラスかもしれないし

 

この世の中わかんないことだらけ

それを少しでも分かるためにはいろんな経験したほうがいいとおもう

まぁそもそも自分がそもそも自らいろんな経験をするというタイプではないからなんともいえないけど

 

終わりがあるから始まりがある

始まりがあるから終わりがある

 

悪いことにも良いことにも、始まりと終わりがあって、その感覚は本人次第

良いことは終わらないように、悪いことは終わらせたいように、みんな思うだろうけど

良いこと悪いことなんて判断できない

 

まだまだ人生始まったばかり

経験の積み立てはじめました

 

 

別れを告げる手紙を書くつもりが

 

 

 

すぐおわることなのに

 

 

 

すぐかけることなのに

 

 

 

めくれないページに

 

 

 

こうかいの繰り返し

 

 

 

こんなに悲しく感じたのは久しぶり

 

 

 

もうすぐ

 

 

 

涙がとまってもいいのに

怒り

 

最近は雨が多く、気持ちも憂鬱

そのせいもあって、最近は度重なる嫌なことに苛立ちを覚える

結局苛立ちをつくるのも失くすのも人

最近は人に会えない時間が多い分、負の感情が芽生えやすいし、成長しやすい

 

多分、心に余裕がない

人に会うと疲れると思う時がある

だから周りをシャットアウトしたくなる

実習終わるまでは一人になりたい

だけど、人に会えないと結局マイナスな感情になる

どちらかのいいとこだけなんてとれない

混沌とした日常にただただ沈んでいく

 

今は何も気にしないで会える相手が欲しい

でも、人間だれしも、知ってる人に対しては結局気を遣うと思う

今は全く知らない人と会って、何も考えずに相手のこと気にせずにセックスしたい

相手のことをメチャクチャにするまで、そして自分がメチャクチャになるまで性に溺れたい

快楽で嫌なことを全て忘れたい

その言葉が今の自分に一番あてはまる

 

ビッチとかヤリチンって、プラスの感情を多く備えている人をイメージするけど実際は違うんだろうな

マイナスの感情に溢れる人ほど性に貪欲になると思う

 

今は無言で抱きしめても何も言わずに、じっと待っててくれるあなたに会いたい

 

当事者

 

バイト終わりの夜は月が綺麗にみえる

でも今日のバイト終わりの夜はいつもの景色とは違った

まるで自分の心を映し出すかのように

 

今日は店長に大事な用があり、代わりに出勤した、きっと夜も忙しいんだと思ってた

店長の上にはオーナーがいる

うちの店の早朝シフトに入れる人がいないから、オーナーが、ほぼほぼ毎日朝6時から出勤する

そのせいもあってオーナーの寝る時間は早い、7時には寝ている

今日の20時少し前、自分では対応できない問題が発生した、もちろん一緒に組んでいる子も一年もいないから対応できない

普通だったら、オーナーや店長に連絡するけど、今日はできなかった、いやできたけど、いろいろ考えた結果しなかった、もっというなら深夜の人ならもしかしたら分かると思ったし

そして、深夜の人に電話をかけて聞いてみた

すると、その人は眠そうな声で対応してくれた

安堵と同時に申し訳なさがこみ上げてきた

 

なんでもっと考えなかったのか、深夜のシフトを担当している人は自分たちの時間感覚とは違う、ゆえに深夜の人からしてみれば、真夜中に電話が来たような感覚だと思った

22時になって、その人がきた

とても疲れた顔をしていた、自分が起こしたせいで、きっと眠れなかったんだろう

謝ったけど、謝るくらいなら電話しないで欲しいってのが本心だろう

今の自分はただただ後悔にのまれてる

 

今日のことに限ったことではないけど、こういうことって沢山あると思う

当事者にならないと気づけないことっていうのかな〜

自分の何気ない言動や行動が、相手にとったらとても大きなことかもしれない

そして、その後の相手の言動や行動で、初めて気づくことがある

 

人が人を理解するっていうことは、すごく難しい、でも理解できないことはないと思っている、理解しようとすることを諦めた時、理解されなくなったと錯覚する、理解しようとすること、自分の気持ちを相手に伝えること、言動にしろ行動にしろ、それが一番大事、そして失敗していろいろ気づくことがあると思う

でも、相手が求めてないことを押し付けるのもダメなんじゃないかな自分が理解したいと思っても、相手が理解されたくないっておもうことすごくあると思う

 

まぁ結局言いたいことは、当事者にしかわからないことって沢山あるってこと

 

まだまだ道のりは遠いな〜

 

人間は予測不能

良い意味でも悪い意味でも

人と人が接触することで、お互いに何らかの喜怒哀楽を覚える

でもそのまま感情を表に出すことは難しい

きっと自分にとって望ましいことが相手とイコール関係とは限らないから

だから、相手のことを考えられる(思いやりのある)人間ほど、なかなか感情という生き物を、言動や行動という檻から放とうとはしない

ましてや、檻の鍵を持っている人は自分以外ともなると、とても限られている

鍵の入手方法は信頼関係を築くこと

簡単なようでとても難しい

 

最近、彼女とうまくいってない

お互いの気持ち?想い?的な部分がうまく噛み合ってない

きっとなんだかんだで、そのうちまたいつもの関係に戻るんだろうけど、お互いが胸の内にしまってるものはなかなかお互いに分からない

 

この先は長くなるし、日本語おかしくなるから、見ないほうがいいかも

 

最近言われたことが、俺が忙しそうで余裕もなさそう、そのせいで構ってくれない、だからバイト先の構ってくれる人と、バイト先以外で会ったり遊んだりする。二人で遊ぶ約束もした(男)ってこと

男と遊ぶってことに関しては、気にならないといったら嘘になるけど、それに関して言う資格が俺にはないと思う。女子と遊ぶことはないだろうけど、女子とご飯いったりするし

むしろ、俺が忙しそう分、彼女の友達が彼女の相手をしてくれて、彼女がそれで楽しかったり、嬉しいなら、それはそれで、関係的にも時間的にも俺には埋められないから、いいと思う

 

ただ、俺が忙しそうで構ってくれないから、しょーがなく他の人と会ってるみたいな言い方されたことが一番悲しい

確かに毎日課題に追われたり勉強して終わりがないくらい忙しいし、会える時間は少しだから、辛いは想いはさせてると思う

ただ、その少しの会える時間を大切にしてる

恋愛は義務じゃないし、俺も労力をかけて会うことは違うと思う、だけど気持ちが乗らなくても相手のことを考えると会う時間は作らなきゃいけないなっていう気持ちはある、それを否定された感じ、会えるってことを当たり前のように感じて欲しくない

でも結局、あいつが言いたいことを受け止めきれない俺にも問題があると思う、自分がしたいようにして彼女の存在を軽視してたのかもって

 

あと言われたことが、もし時間があっても私以外の人と楽しむことをとる、みたいな(簡単にまとめれば)時間があるんだったら、彼女と会うことが普通でしょ?(そうとは言ってない)みたいな感覚を押し付けられた感じ

今週忙しいこともようやく落ち着いて久々に、少しくらいゆっくりしようと思って、サー室いったら、ご飯いこ!って誘われた、別に最初から行くってプランしてたわけではないし、誘われるとも思ってもなかった、だから嬉しくなって、ご飯にいった、いろんな話をして、その中に卒業旅行行きたいね〜みたいな話があって、そんなこんなでSNSに写真があがった

それが彼女にとっては良くなかったみたい、自分とは楽しい時間そんなに共有してないし、卒業旅行の話もしてないのに、他の人とは楽しい時間も共有するし、卒業旅行の話もするし、なんなの?みたいな感じなんだろうね

きっと自分が考えてることが、相手の考えることと同じって思うんだろうね

俺は彼女が全てではないし、そうは絶対なりたくない、彼女が全てになると、いつか絶対大切な何かを見失うだろうから

 

まとめるとコミュニケーション不足

プロセスはどうあれ、お互い何考えてるかってことをまだまだ知れてない

俺らの半永久的な課題の気がする

彼女と付き合ってて、たまに思う、本当によくおれら続いてるなって

お互い不満に思うことが他のカップルより多いと思う、その度にめんどくさい二人だし

だけど、別れようってあんまり思わない

別れるのが怖いのかな?

でも、お互い悩んだときこそ、なんかお互いの存在価値に気づく(俺だけかも)

当たり前のような日常では気づけないことが、当たり前ではない非日常だからこそ気づくことがあると思う、非日常だからこそ気づけることは、日常が当たり前ではないってこと

一見、矛盾したような日々を感じることこそが幸せなんじゃないのかな

彼氏(彼女)が、こうすることが当たり前って思ってるうちは、いろいろトラブルが続くんだろうな、本当に好きならただ相手の幸せを願うだけなはずなのに、本当に人間は予測不能

 

静かな夜のかたわらで、心臓だけは激しく動いている