読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Risk

心の日記

閉塞感

 

押し潰されそうな毎日

歳を重ねるごとに感じる

最近、忙しいって思ってた日々も今になっては、今の方が忙しいって感じる

 

でも、瞬間瞬間で錯覚してるんだろうな

ほんとは昔の方が忙しかったのかもしれない

今見えてる世界は今見たいように見る世界

 

就活、卒論、教職、、、

4年生は案外充実してる

あと1年したら、この日々ともお別れと考えると嬉しいようで寂しい

 

みんな何してるんだろう

毎日楽しいのかな

自分の一番の幸せは誰かと話すこと

何の話でも誰とでもいいと思う、いや誰とでもいいは嘘になるかな〜〜

会話してると楽しくなる、特に自分と似た境遇に置かれている人とかはなおさら

 

四年にもなると、学校いっても周りには知り合いが少なくなる。新しい風がもう吹いている

 

早く就活終わったとしても、楽しい時間があるとはなかなか思えない

卒業という決められたリミットがもうそこまできている後は楽しむだけ

だけど何をしていいのか分からない

時間を無駄に使うことが嫌いな自分にとって、幸せと感じることは誰かと一緒にいることだと思う

自分が大切だと思える人、友達とか恋人とか先輩とか後輩とかと一緒にどこかへ向かいたい

それは遊びとかじゃなくてね

 

今、大切な人から連絡がさみしい感じ

きっと向こうも忙しいんだろうな

自分もそうだし、フォローしにくい

 

きらきらしている日々をまた送りたい

戻れることなら2年前くらいに戻りたい

自分にとって最高にきらきらしてた時期

仲間と喜怒哀楽を共有して、共に目指したゴール、そのゴールのためなら、何してもどんだけ寝なくて辛くても楽しかった

 

親がよく言う、青春は今だけって言葉も今なら分かる気がする

その時はきっとリミットって考えじゃなくて、ゴールっていう考えなんだろうな

 

考え方1つで変わってくる日々の質

 

そう考えてると、夜に吸うタバコが久しぶりに自分を苦しくさせた気がした

まだ僕にはいろんな意味で重そうだ